世界一のコーヒー消費国はどこだか知っていますか?

ヘルシンキ中央駅

 

コーヒーのイメージが強い国はたくさんある。大手コーヒーチェーン、スターバックス発祥の国アメリカ。コーヒー発祥の地、エチオピア。コーヒー生産量世界一位、ブラジルなど。

イタリアはエスプレッソの本場で、独自のコーヒー文化が根付いている国。スターバックスでさえ、イタリア市場に入るのはかなり慎重に行っている。

 

 

 

 

でも世界一の消費国はどこか?意外にも、、

 

 

 

 

 

フィンランド!

 

 

  

 

 

上位10カ国はこちら↓ 

The world's 20 biggest coffee drinkers

  1. Finland - 12kg per capita per year
  2. Norway - 9.9
  3. Iceland - 9
  4. Denmark - 8.7
  5. Netherlands - 8.4
  6. Sweden - 8.2
  7. Switzerland - 7.9
  8. Belgium - 6.8
  9. Luxembourg - 6.5
  10. Canada - 6.2

引用元:Mapped: The countries that drink the most coffee

 

フィンランドは、一人当たりのコーヒー消費量は年間12キロで世界一位。北欧諸国が上位4位を独占、5位はオランダ。

 

 

コーヒーを世界一消費する国フィンランド

北欧は冬になると日照時間が短く、朝起きるときも暗い。しっかり目を覚ますために、朝必ずコーヒーを飲む人が多い。そして1日に3~4杯、多い人だと7杯以上飲む人も。フィンランド人はコーヒーを日本人の緑茶のように飲んでいる感じ。

 

素敵なコーヒーショップも多く、コーヒーも美味しいものが簡単に手に入る。先日、パリ旅行した時にコーヒーが美味しくなくて、北欧のコーヒーの美味しさを再確認した。

私は元々お茶が大好きなのだけど、北欧に移住してからは一日一杯くらいのコーヒーを楽しむようになった。オフィスにも家にもコーヒーマシーンがあるので、朝一杯眠気覚ましに飲んだり、ディナーの後に飲んだり。

 

 来月はヘルシンキのコーヒーフェスティバルに行こうと思う。

 

 

 

 

 

↓参加しています。クリックお願いします~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村